決算書とは?

決算書は会社の成績表

決算書とは、会社の一定期間の営業成績を示した「会社の成績表」であり、財務状況を示した「会社の健康診断書」でもあります。税法では決算書、証券取引法では財務諸表、会社法では計算書類と呼ばれるもので、これらはほぼ同一の書類と考えていいでしょう。

決算書の目的

会社には株主や取引先、金融機関といった様々なステークホルダー(利害関係者)がいます。これらの方々に、会社の正しい情報を提供することが決算書の大きな目的です。決算書は会社の経営状態が優れているかそうでないか、数字で客観的に判断できるようデータが記載されています。ところで、優れた会社とは何でしょうか。会社の価値は有形・無形いろいろな尺度で計られますが、決算書では「会社の利益は?」「資本は?」「借入は?」といった客観的な数値で会社の価値が示されます。「数字で会社を見る」というのが、決算書の目的でもあります。

決算書の構成

決算書は、商法の計算書類と証券取引法の財務諸表とでは、書類の構成が若干異なりますが、大きく分けて以下3つが基本的な書類となります。

  1. 貸借対照表(B/S)財政状況を把握する書類
  2. 損益計算書(P/L)収益状況を把握する書類
  3. キャッシュフロー計算書 資金の流れを把握する書類

これらは別々の書類というよりは、相互に深く関連した一括りの書類でもあります。

決算書の作成と公開

年度末に代表取締役等の責任により経理担当者が決算書案を作成(小さな会社の場合は税理士が代行することもあります)し、役員会で承認を得た後、株主総会に提出されます。ここで承認されたものが、決算書として公開されることになります。大手企業の場合、公表前に公認会計士の監査が行われます。株式会社においては、官報・新聞・インターネット等で決算書の公開が義務づけられています。

著作・監修/税理士法人エムエムアイ
東京都品川区大井1-7-6 THビル4階
TEL:0120-06-3699 Mail:infohp@m-m-i-g.com

このページの先頭へ戻る

決算書とは?