• TOP
  • > 相続コンサルティング業務

相続コンサルティング業務  「相続税はかかるの?」「申告はどうするの?」「贈与するにはどうしたらいいの?」 「不動産を売却/購入したいのだけど税金はどうなるの?」「土地の有効活用はどうしらたいいの?」 私どもは、相続・贈与(生前贈与/遺贈)・譲渡などの税務申告はもちろん、個人の資産に関するあらゆる『相談の窓口』となります。さらにお客様のご要望に応じて各提携専門家をご紹介いたします。個別相談のほかにセミナーも定期開催しております。

相続税がかかるケースが拡大

平成27年1月1日から、相続税の基礎控除が縮小されました。
これにより、今まで相続税に無縁だった方にも、相続税が課せられる可能性があります。

基礎控除と税率の改正
相続税改正をマンガで読む

まずは相続税シミュレーションをしませんか?

相続税計算シミュレーションをする

相続税シミュレーションの具体的な流れ。

  • 1. 財産評価(土地・株式・国債等の財産評価)
  • 2. 財産分配のご相談
  • 3. 相続税の算定
  • 4. 財産一覧表の作成
  • 5. ご提案
    【ご提案内容(例示)】
    ・この土地は、●●様が相続されると、○○円節税となります。
    ・この土地は、□□として有効利用されてはいかがですか。
    ・保険契約の見直してはいかがですか。
    ・納税資金対策としては、□□という方法がございます。
    ・円滑に事業承継を行う方法としては、□□がございます。

メリット

ご本人

生前贈与対策

遺言書・エンディングノートの作成

財産分配対策

相続人となるご家族

相続税申告有無の確認

相続税納付資金の準備

相続税申告の準備

遺産分割協議の資料

シミュレーションには他にもこんなメリットが!

遺言書(財産分配)の見直し

相続税改正への対応

2次相続対策

相続税ってどんなものにかかるの?

生命保険金

自分が被保険者でなく、子供や孫にかけていた保険契約

子供や孫の名義で預金通帳(郵便貯金含む)をつくり、 こっそりそこにお金を振替えて貯めていたもの(もちろん善意で)

相続人が、被相続人(死亡した人)の死亡直前3年以内にその被相続人から贈与を受けたいわゆる“生前贈与財産”

被相続人が会社経営していた場合の、その会社の株式・若しくはその会社への貸付金

相続税申告の流れ

相続が発生したら ・役所に死亡届を提出(死亡診断書を添付)。
・年金停止の手続き。
・遺言書の確認。
・相続人の確定。
(2)3ヶ月以内 ・相続放棄(限定承認) 承認の申し立て(家庭裁判所)。
(3)4ヶ月以内 ・準確定申告(1月1日から死亡日までの所得税申告)
(4)5ヶ月以内 ・相続財産の確定(財産目録の作成)。
・相続評価必要資料(不動産の謄本・公図・測量図、生命保険証券・支払通知書、有価証券、預金残高証明書など) の収集。
(5)6ヶ月以内 ・相続財産の評価額確定。
(6)7ヶ月以内 ・(遺言がない場合) 遺産分割協議。
・納税資金の検討(必要に応じて不動産の売却など・・・)。
(7)8ヶ月以内 ・延納・物納が必要ならば、その金額及び担保物件の確定。
・申告に必要な添付資料等(印鑑証明など)の収集
(8)9ヶ月以内 ・相続税申告書の完成・審理担当によるチェック。
・お客様にご報告し、承認を頂く(承認後納付書作成)。
・楽税倶楽部スタッフが申告書類を3部作成し、税務署に提出。
(9)10ヶ月 ・申告及び納付期限・・・約1ヶ月の余裕をもって!
(10)その後 ・申告業務とは直接関連はないが、「不動産相続登記」業務は司法書士と連携して実施。 (なお、「預金口座の名義変更」「車両の名義変更」等は原則請け負わず)
・税務署から返却された申告書(控)を、お預かり資料と一緒にお客様に返却及び代金のご請求。

 相続税は、原則「故人」が保有していた全ての財産が対象になります。そして、相続税も「非課税」や「軽減」「控除」等の特典がたくさんあります。でも、一気に覚えるのは誰でも不可能です。
 また、「相続税対策」を講じる前に「相続対策」を考える必要がある場合(子供たちの仲が悪い・複雑な家族関係にあるなどで遺産分割協議が円滑にいかなそうな場合) には、「遺言書」を作成しておく必要があります。

各種士業・専門家と連携している税理士法人です

 相続税の申告には、様々な手続きが必要となります。土地の登記は司法書士・不動産の価値を調べるには不動産鑑定士、といった具合に、様々な手続きに必要な資格があります。
 税理士法人エム・エム・アイでは、各種士業と連携して、皆様の申告やシミュレーションを行っております。我々に相続税のご相談をしていただければ、必要な手続き・作業に強い専門家をご紹介できます。

継続的な相続対策は「楽税倶楽部」におまかせ下さい!

楽税倶楽部は月額2,000円(税抜)の、個人専門の税理士顧問です。2ヶ月に1度の勉強会と個別相談会、相続専門税理士に対する質問が無制限、すべて無料となります。

楽税倶楽部は月額2,000円(税抜)の、個人専門の税理士顧問です。2ヶ月に1度の勉強会と個別相談会、相続専門税理士に対する質問が無制限、すべて無料となります。

  • 楽税倶楽部担当 税理士・CFP 横山雄介

    楽税倶楽部担当 税理士・CFP
    横山 雄介

  • 公認会計士協会 準会員 高橋良治

    公認会計士協会 準会員
    高橋 良治

  • AFP 上村敦

    AFP
    上村 敦

楽税倶楽部楽税倶楽部セミナー
  • お電話からのお問い合わせFree Dial 0120-06-3699 Fax 03-3778-2317
  • メールからのお問い合わせお問い合わせ