遺言&相続パック

「遺言書作成」から「相続税の申告」まで行います。

税理士、弁護士、行政書士、司法書士が対応いたします。

 例えば、自筆証書遺言は、全文を手書きにするように定められていますが、これをワープロで作成すると、遺言全部が無効となります。日付についても、平成○年○月吉日という書き方をしただけで無効となってしまいます。遺言の内容についても、家族には遺留分という相続を受ける権利(割合)があるのですが、それを満たさない内容を書くと、相続時に遺留分侵害についての争いが起きるリスクを残します。このように誰にもチェックを受けない遺言書は、相続を受ける立場の家族に多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。そこで権利義務に関する専門家である弁護士・行政書士・司法書士、税理士に、遺言書の作成を依頼して、様々なリスクを防がなくてはなりません。

楽税倶楽部会員向けサービス

  1. 遺言書の作成
    (経験豊富な弁護士、司法書士、行政書士、税理士が担当)
  2. 公正証書遺言の証人、立会人をお引き受けいたします
    (上記専門家)
  3. 遺言書を大切に長期保管(会員無料)
  4. 遺言書の定期的な見直しのお手伝いをいたします
    (再作成は実費)
  5. 遺言執行者をお引き受けいたします
    (弁護士、司法書士が担当)
  6. 相続時の税金の計算、申告をいたします(税理士が担当)
  7. 相続時の不動産の登記をいたします(司法書士が担当)
  8. 税務相談(会員無料)
  9. 遺言書の書き方、相続や税金に関するセミナーを開催します(会員無料)

【料金の例】担当する専門家と財産内容により料金は異なります。

相続相談: 会員無料(税理士法人担当)
弁護士、司法書士、行政書士の相談は会員30 分無料
遺言書作成報酬: ¥120,000 ~ (税抜)
証人・立会人報酬: 上記作成に含む
遺言執行者報酬: 相続財産の 0.5% ~1%
成年後見人請負(任意):1~3万円(月額)* 申し立て等手続き別途
相続税申告: 相続財産の 0.8% ~1%
遺言書保管料:会員無料

※公正証書遺言の場合、別途公証人への手数料は実費にて直接お支払いを お願いいたします。

自分の場合はどうだろう?少しでも疑問があったらぜひ無料相談を!初回相談無料 TEL:03-3778-2315