相続のために!

一生に一度お目にかかるか否かだけど……

 「人」が亡くなった時に、その亡くなった人が保有していた財産( 相続財産) を、各相続人が相続した時にその相続人にかかる税金。これが相続税です。
 所得税や住民税とは異なり、一生に一度お目にかかるかかからないか……というほど個人にとってはあまり関わりのない税金です。それが故に「全く知らない!」という人も少なくありません。しかし、財産の内容を一番良く知っている故人が亡くなってから相続の事となると……。
 どうなるかは想像にたやすいですよね。しかも相続税申告には「期限がある」のです。

「必要なもの」を「ちょっとずつ」

 相続税は、原則「故人」が保有していた全ての財産が対象になります。そして、相続税も「非課税」や「軽減」「控除」等の特典がたくさんあります。でも、一気に覚えるのは誰でも不可能です。
 楽税倶楽部のセミナーや月刊News、個別相談を通じて、一つ一つ自分に必要な部分だけを勉強していきましょう!
 また、「相続税対策」を講じる前に「相続対策」を考える必要がある場合(子供たちが仲が悪い・複雑な家族関係にあるなどで遺産分割協議が円滑にいかなそうな場合) には、「遺言書」を作成しておく必要があります。

遺言&相続パックで、安心のサポート

 遺言書の形式には様々ありますが、それぞれルールを守らなければ、折角書いた遺言書も無効になってしまいます。
 正式な遺言書の書き方を学び、いざ相続がおきた時に、ただでさえ悲しみに打ちひしがれている遺族に余計な苦労をかけないように、そして「期限のある相続税申告」をスムーズに行えるように準備しておきましょう!
 楽税倶楽部の会員限定で、「遺言書の書き方指導」から「遺言書の保管」、「遺言執行人の請負」、そして「相続税申告」・・・といった一連の作業をパックとして請け負います(「遺言&相続パック」をご参照ください)。

自分の場合はどうだろう?少しでも疑問があったらぜひ無料相談を!初回相談無料 TEL:03-3778-2315