FAQ

業績についてどのように説明していただけるのでしょうか。
業績を示した損益計算書、財政状態を示した貸借対照表等の資料から会社の状態を知る上で必要な数字の見方を説明しています。必要に応じてキャッシュフロー計算書も毎月説明させていただております。会社の数字についての不明点・疑問点についての質問はいつでも受付けています。また、知識の向上の為に経営者様向・経理ご担当者様向けにそれぞれ毎月実務セミナーを開催しております。
そろそろパソコン会計を考えているのですが・・・。
パソコン会計ソフト(弥生・PCA・勘定奉行・ミロク法人)は数多く導入・ご指導させていただいております。どこで皆様が悩むかも把握しております。パソコンの知識に自信がなくても、経理の知識に自信がなくても大丈夫です。
毎月の 顧問契約はしないで、決算だけをお願いできますか?
決算業務のみでもお受けしております。ただし、御社の毎月の動きがその都度、把握できないため全て事後処理となり税金について有利な選択が出来ない場合がございます。
料金に関しましては別途ご相談となります。
税務調査の対応についておしえてください。
税務調査の対応は最重要な業務の一つと考えています。対応の方法は、貴社に代わって、あるいは一緒に調査の現場で調査官と折衝をする「立会」を基本としています。また税務署との対応についてのアドバイスのみも行っております。まずは、ご連絡ください。迅速な対応をさせていただきます。
税務調査の選定基準はあるのでしょうか?
法人の場合、基本的には3年ごとに調査対象とされる場合が多いようです。申告数値に何らかの急な変化がある事業者や、前回の調査で重大な修正事項や不備事項がある事業者に対して重点的に調査を行う傾向にあります。
税理士を変えると税務署の調査が入ってくるのでは?
新しくご契約を頂く際に際に、よくこんなご質問をいただきます。
ご安心ください。これまでからの経験を顧みても、「税理士が変わったから?」と思われるような税務調査はありません。また、顧問させていただいていない期間の対応ですが、こちらも心配はご無用です。初期の打ち合わせ段階にさまざまなヒアリングを実施しています。業務の流れをお聞きするためのものですが、同時にこれまでの経緯を確認させていただきます。そして、実際の調査時には、お客様と連携をとりながら調査立会いいたします。
現在契約している顧問税理士がいるのですが、経営計画を単独でもお願い出来ますか?
経営計画は、当事務所のもっとも得意とする分野の一つです。料金については顧問契約がある場合とは異なりますが、単独依頼の場合は、10万円からお引き受け致しております。安心してご相談下さい。
顧問先はどんな会社がありますか?
当事務所は、この業種、この地域でないとできないという特段の偏りはありません。創業1年目の若い会社から創業何10年の会社といった歴史ある会社もございます。業種的にも各種サービス業、不動産業、小売業、飲食業、製造業、建設業、医療機関、学校、公益法人など多種多様のお客様がいらっしゃいます。
契約内容の見直しはできますか?
出来ます。毎月の監査訪問のご契約を、経理担当者が慣れてきたので半年に一回の訪問に変更したり、当初は忙しかったので記帳代行を依頼していたが、パソコンの会計ソフトを購入して社内で処理を行うようになった、等々お客様の会社の状態は年々変化していきます。それに最適なサービスを行うためにも契約内容の見直しはむしろ必要な事項です。
  • お電話からのお問い合わせFree Dial 0120-06-3699 Fax 03-3778-2317
  • メールからのお問い合わせお問い合わせ